綺麗になりたい人は仙台の美容外科へ行こう|簡単な施術から受ける

レディ
  1. ホーム
  2. 目のプチ整形

目のプチ整形

医者

女性は見た目を気にしだす頃から綺麗なモデルさんや可愛い女優さんなどを見て憧れを持つようになるのではないでしょうか。美を意識しだすとメイクやファッション、ダイエットなどを自分なりに研究して綺麗になろうと努力します。同時にコンプレックスが生まれてしまい悩む女性も多いのではないでしょうか。特に顔のパーツでは目が一重ということで悩む人も多くいます。そのため、仙台の美容外科でも二重の美容整形は多くおこなわれています。仙台の美容外科で手術を受けなくても、今ではアイプチやメザイクなどで簡単に二重にすることができます。しかし、毎回二重の大きさが違っていたり、目を閉じたときにすぐに分かってしまったりもします。時間も手間も取られてしまうので、どうにかしたいという人は美容整形を考えましょう。美容外科では切開による二重整形手術と埋没法による二重整形手術を受けることができます。どちらも良く知られている手術方法で、仙台以外でも多くの美容外科で行われている方法です。この二つの手術のメリットとデメリットを比較してみましょう。

二重まぶたの切開手術のメリットは、まぶたを切って二重の形を作るので永久的に二重でいることができます。切開にも種類があり、部分切開による手術と二重ライン全てを切る全切開による手術方法があります。この手術のデメリットは、ダウンタイムが長いということです。部分切開と全切開では全切開の方がダウンタイムは長くなります。そして、万が一失敗や満足いかないラインになってしまった時に修正が難しいということもこの手術方法のデメリットになります。埋没法のメリットは髪の毛よりも細い糸で縫うことで二重を作るので切開法よりもダウンタイムが短く、手術から3日から4日ほどでメイクすることができます。また、二重の形が気に入らなくても、糸を取ることで元のまぶたに戻すことができます。費用の負担も抑えることができます。デメリットは、効果が永久的ではないこと、期間としては半年から数年でとれてしまいます。まぶたが厚い人は糸が耐え切れず埋没法の持続期間が短くなる傾向があります。このようなメリットとデメリットを把握してから自分に合っている二重手術を受けるようにしましょう。